2012年07月31日

【JAZZ】like enough

久しぶりに、自分の作った曲の紹介です。ジャズです。以前からジャズをやりたかったのです。 歌詞のない曲は、light drive以来となります。





タイトルですが、今回は、どうやって付けたらよいだろうかと思いました。ジャズの曲を作りたくて作った曲なので、light driveのように撮ってきた映像に音楽を載せたいってことでもないし、歌詞があるわけでもないし、どうしたらいいだろーと。好きなように作ったから、likeって名前にしようかとか思って、でも、一単語の曲名って、既にいろいろと使われてそうだし、もう少しひねりも欲しいってことで、そんなこんなで、いろいろ考えたり、調べたりしていたのだけど、結局、この曲名に落ち着きました。多分、ジャズって感じ。

今回、割りとちゃんとしたスピーカーで音の大きさ、強さを調整し、その後、iPhone付属のイヤホンで再調整をしました。初めは、もっと高い別のカナル型イヤホンで調整しようとしていたのですが、スピーカーと違いすぎてしまい、(ー’`ー;)ゥーンと思っていたのですが、意外とiPhone付属のイヤホンはスピーカーに近い音を出しているように感じました。それよりも、問題は、MacBook Airのスピーカーです。これは音が全く違い、高音になるとなんだかビリビリ、低音はあまり鳴らないということを今更ながら感じました。むしろ、iPhone本体のスピーカーの方がいい音出しています。

初めの方で、フルートとサックスが短く音を鳴らす所があります。ここは、本当はもっと長い音でした。もうこれでいいかなあと思っていたのですが、最後の最後で、いろいろといじり出しました。元々この部分は、ピアノの音でメロディを作っていて、ピアノの場合だと、いい具合に、ポーンと鳴るのです。それに近い音の減衰をフルートとサックスでも再現できないかと、MacBook Airのスピーカーで聴きながら、いろいろやって、デキター(・∀・)と思ったのですが・・・。イヤホンで聴いたら、(ー’`ー;)ゥーン。結局、音の長さを短めに調節することで良しとしました。

前作った曲が夏の曲だったから、考えてみると、1年くらい経ってるのか・・・。その間には、いろいろあって、例えば、ベースのソロの部分、これは元々サックス用に作ったものだとか、いろいろ書こうと思っていたことがあった筈なのだけど。と思ったら、前回アップしたのは10月10日でしたね。

次は、少し懐かしい感じの曲にしようかなと思案中です。



ラベル:JAZZ
posted by にしにゃー at 00:16| Comment(2) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

【初音ミク】夏みかんとゴーヤー




ボサノバな感じのを作った後、どんな曲を作ろうかと思って、以前から興味があった琉球音階の曲を作ることにしました。ドミファソシで、沖縄っぽくなるなんて面白いよねーと思っていたのです。

曲を作り始めたのは、まだ春。夏には間に合わせようと思っていたのですが・・・。

初めに、歌詞を作りました。それに、音を当てはめていったのですが・・・レとラが使えないのは、結構キツイ。なるべく自然な感じになるように音を置いていったところ、後半はなんとなく沖縄っぽくなったけど、前半は琉球な感じがしませんでした。どうも、音階を順番に上がったり下がったりするような感じにすると沖縄っぽく聞こえるみたいです。

歌詞なのですが、まず、私は沖縄に住んだことはありません。それでも、琉球音階の音楽を作るのであれば、私が作っても無理のない内容にしたいと思いました。つまり、島の人になりきるのではなく、遠くから沖縄のことを歌うことにしたのです。

沖縄といえば、日射しが強烈で日陰を探して歩くイメージがあります。そこで、それを歌詞に取り入れ、また、夏みかんのすっぱいイメージ、果汁が飛び散るイメージを太陽の日射しに重ねました。夏みかん自体が太陽みたいにも見えますし。同じ柑橘系ということで、シークァーサーにしようかともちょっと思ったのですが、シークァーサーってよく知らないし、夏みかんの夏だし、言葉のイメージ的に可愛いし、ということで、夏みかんのままにしました。そして、後半は、ゴーヤーとか、海ぶどうで沖縄につなげています。

とりあえず、ここまで作ったんだけど、曲が前後でなんかちぐはぐだし、全体としては、沖縄っぽくないんだけど、どうしましょう、と作曲の先生に相談しました。

まず、沖縄っぽい跳ねる感じにするには、三連符の音の並びにするといいのだそうです。つまり、三連符の一番目の音と三番目の音を使う。これで、音をあてはめてみると、全体のまとまり感が少し出てきたような気がします。

また、ベースは単純に1度5度の順番で入れていたのですが、沖縄っぽい音の展開を加えてみて、更に、少し沖縄っぽく。

そして、背景に、琉球音階で、木琴と鉄琴で音を加えてみると、Σ(・ω・屮)屮 オオォォォオォ 沖縄っぽくなったー。だけど、歌の部分となんとなくあってないような気がする部分が・・・。そこらへんは思い切って、木琴鉄琴の音を部分的に減らすことで対応。これで曲全体の統一感が出てきたように思います。

更に、ハンドクラップを入れて、最後に波の音を加え、微調整をして完成。ウヒョー(・∀・)

この曲は途中までどうなるかと思っていたのですが、出来上がってみれば、自分のお気に入りの曲になりました。ヽ(Φ∀Φ)/わーい

この曲を聴くとき、テンポが早いなーと思うときや、別に普通じゃんと思うときもあって、聞くときの気分によって曲の速さが違って感じられるのが、ちょっと面白い。あと、お風呂に入りながらも聴いていると、ときどき、「ひざしがささる」を「ひざしが高い」と歌ってるように聞こえたりします。いっそ、歌詞をそれに変えようとも思ったのですが、結局、「ひざしが高い」は空耳にまかせることにしました。

それから、今回くらいから、曲を作るにあたって、いわゆる五線譜ではなくて、ピアノロールでの入力をするようになりました。そもそも、三連符の長さの音符を、Logic上の五線譜で入力するなんて、できなくはないだろうけど、ピアノロールの方が遥かに簡単ですからね。でも、三連符の長さの音を入れる前から、ピアノロール使っていました。ピアノロールだと音の高さと長さを同時に調整できるので便利ですよね。ピアノの鍵盤による音階にも少し慣れてきたということもあるのかもしれません。


ラベル:初音ミク
posted by にしにゃー at 01:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

【初音ミク】かぜをひいたの


かぜの季節です。皆様もお気をつけ下さい。



タイトルを思いついたところで、一気に歌詞ができた曲なのですけど、作曲を習っている先生に見せて、風邪の曲だから、少し気だるげな感じにしたい、と相談したら、ボサノバを提案され、ドラムとギター、ベースのパターンを教えてもらいました。1〜2小節のパターンなのだけど、これだけで、ボサノバっぽくなることに驚きました。また、気だるげな感じというと、ヘ長調か、変ロ長調がいいだろうということでした。ボサノバの場合も、調という考え方で良いのですね。それで、それぞれの調の曲をいくつか聴いてみて、どちらでも良いと思ったのだけど、結局、ヘ長調にしました。

まず、歌詞に音を乗せることから始めました。前回作った歌のときは、実際の言葉の高低にできるだけ合わせた音階にするように指摘されて結構直しました。つまり、何を言ってるか分かるようにするということです。それを意識して音を当てはめていきました。

私は、Macで作曲しているので、まず、Logic Expressで歌の音階をひと通り作ってから、CrossOverを使って初音ミクに読み込ませて歌わせています。歌詞を作った段階では、少し低めの大人の声がいいかなと思っていたのですが、初音ミクSweetで歌ってるのを聴いた瞬間に、この曲のイメージが決まりました。そして、タイトルが先に思いついた歌だったのですが、曲調に合わせて、タイトルも変えました。

先生からは、普通は奇数の小節というのは、あまりやらないのだけど、詰まってる感じが、風邪にうなされてる感じで、これはこれで良いと言われました。

次に、前奏と間奏とエンディングを作ることにしました。先生からは、ストリングスの代わりに、フルートで演奏させると良いでしょうと言われていて、そのときに、前奏なども、フルートにしたら良いだろうということで、前奏、間奏をフルートで作ったのですが、どうも、音が平板な感じに聞こえてしまい、(ー'`ー;)ゥーンと考えて、ピアノにしてみました。

ピアノは、和音としても使っているので、もっと違う楽器が良ければ教えてもらおうと思っていたのですが、先生に聴いてもらったところ、ピアノのままで良いと言われ、また、うまい具合に和音と音が離れているので、実際にピアノを弾くときも手が重ならないようになっているということでした。

実は、歌が終わった後のエンディングの部分だけは、ちょっと思いつかなくて、もう、終わりのところは、メロディはなくても良いかな〜と思っていました。入れないまま聴いてもらったところ、先生も、それで良いと言われました。

また、ストリングスと同じような役割を果たすフルートは、ちょっと入れてみたのだけど、なんか、ストリングスのように、ただ音を伸ばすだけでは、雰囲気が出づらいよなあと思って、先生に相談しました。さらっと一小節だけ入れてもらったら、なんかいい感じだったので、それに習って入れてみることにしました。特別なことではなくて、メロディが動いているところで音を伸ばして、動いていないところでは、逆に動くといった基本的なことだったのですけど。

また、ストリングス的なフルートを入れるのなら、エンディングのところまで入れた方が良いということでした。先生からは、メロディの要素を持ってくるのも手。順行、反行、逆行、逆行反行(反行逆行)という方法があるよと教わりました。メロディそのものでもこのテクニックは使えるということです。

やってみました。まず、メロディの音数のままだと、ストリングス的にはちょっと音が多いように感じたので、音数を減らしてみました。まあまあいいかなと思ったところで、でも、これって、もしかして、ピアノの方がやっぱり良いのではないかと思って、ピアノにしてみたら、やっぱり良かったので、更に少し直して、エンディングにしてしまいました。フルートは、音をもっと伸ばす感じで、別に追加しました。

また、「風邪をひいたの」「顔が熱いの」の後にそれぞれ休みが入ります。そこに、ピアノの音がちょっと入るとお洒落だよねと思って、一度入れてみたのですが、何回も聴いているうちに、歌そのものを聴かせたいと思い、取ってしまいました。

Mac( Logic Express )で何度も繰り返し聴いているうちに、「オーディオとMIDIを同期中にエラー」が起こります。伴奏の一部の音がでなくなったりするのですが、そんななかで、初音ミクの「風邪をひいたの」だけ聴こえてくることがあって、これって、なかなか印象的じゃんと思い、最後に追加しました。Mac (。ゝд・)ъグッジョブ

それで、自分でこんなことを書くのはなんですけど、この曲、とても(*´Д`*)ぃい〜と思っています。また、人間の代理的な意味での初音ミクというよりは、この曲のための初音ミクみたいな感じで、歌声自体も良いと思っています。

自分で作曲した曲のせいか、何度も繰り返して聴きたくなります。愛着もひとしおで、なんていい曲を作ってしまったのだろうと思ってしまいます。自分自身限定だったとしても、そういう曲があるっていいよね。

昔だったら、作曲するのなら、楽器の一つでも演奏できることが前提だったと思うけど、今は、パソコンがあれば、作曲、演奏ができてしまう。そういえば、自分が良いと思う曲を探すのもいいけど、自分が好きな曲を自分自身で作れればいいよね、ということもあって、作曲を習い始めたのでした。

■追記
先行して、YouTubeに限定公開で載せたのを見てもらったところ、作詞作曲も入れたら? と言われました。(ー'`ー;)ゥーン 本名はちょっとアレなので、ジキタリスで載せようとも思ったのですが、非常に似た名前のバンド名があることが分かり、今回は見送ることにしました。名前、変えようかな・・・。2005年から使ってるので、今更どうかとも思わないでもないのですが、名前については、少し考えてみることにします。


posted by にしにゃー at 23:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

【初音ミク】前向きに行こう

light driveが完成した後に、なにを作ろうかという話になり、次は歌を作ってみたら? と言われました。実は、音楽を始めてみようとしたときに、歌を作るつもりはほとんどなく、言うなれば、light driveみたいな曲が作りたくて始めたのです。

でも、気づいてみたら、初音ミクやVY1を持っていて、歌を作る環境は既にあるし、じゃあ、やってみようということで作ってみました。

かなり前向き?な曲です。


歌も作ってみると面白いものですね。実は、この曲を作っている間に、次の曲のための歌詞も作ってしまいました。多分、ボサノバになります。

あと、初音ミクもいいんだけど、誰か歌ってくれないかしら。|ω・)チラ


posted by にしにゃー at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

【MUSIC】light drive

以前、川崎の夜の工場の記事を書いたとき、いつか動画に音楽をつけて載せるということを書きました。実は、それから、ずっと曲を作っていたのですが、完成したのでアップします。



暗いところを撮影したので粒子が荒れているのが、YouTubeでは、ブロックノイズのようにうすく表示されるようです。できれば、720pで見てください。



■light driveの作曲について

曲を作るに当たって、とりあえず、それまで習った知識(ハ長調とかト短調とかそういったやつ)を元に、長調というより、短調かなって感じで、曲を作ってみたのですが、どうもしっくりこない。音楽を習っている先生に、この動画を見せて、これに合う曲を作りたいのですが・・・、と相談したとしところ、16ビートがいいねえ、それと、長調と短調とかではなくて、Aドリアンがいいだろうということでした。そして、こんな感じ、と、4小節分の和音と1小節分のベースを入力してくれました。それを聴いて、このまま最後まで、この和音とベースの繰り返しだけでもいけるんじゃないかとも思いましたが、やはり曲をちゃんと作ろうということで、メロディとかドラムとかストリングスとかギターなどを追加していきました。ただ、この和音とベースはとてもいい感じだったので、最初の8小節はそのまま使い、また、曲全体において、かなり使用しています。

本当に私のオリジナルと言えるのは、メロディの部分だけかなー。他は結構、直してもらったところもあるので。メロディはほとんど修正が入らなくて、ちょっと褒められました。(*゚∀゚*)エヘヘ

曲を作っていく過程で、伴奏部分がちょっと派手な部分ができたので、この感じだと、場面がぱぁーっと変わるところだと合うだろうねってことで、じゃあ、そこらへんは、静止画を入れようってことにしました。


■iMovie

やがて曲が完成し、iMovieを使って、動画と合わせることに。しかし、例えば、炎などに顕著だったのですが、iMovieに静止画を取り込んだときに、非常に諧調が荒くなるという現象が発生。炎が入っている静止画が使えないじゃん。他の画像も、なんか読み込んだ時点で、むりやり明るく補正されてしまい、しかも、画質が荒くなっているので、この画像をiMovie上で暗くしても、既に荒くなってしまった画像なので、よけい変になってしまうという事態が発生!|liΣ(′Д`ノ)ノil||lil もう、Final Cut Expressでも買わないといけないかなと思うようになりました。

いろいろ試行錯誤している間に、図らずも、新しいMacBook Airを購入することになり、One to Oneも申し込んでいたので、iMovieのセッションを申し込みました。しかし、上記のような状態だったので、iMovieではなく、そのままApple StoreでFinal Cut Expressを購入して、そちらの使い方を教えてもらうことになるだろうと思っていました。


■One to One

実は、最初のパーソナルプロジェクトでは、iMovieについて、それってどうよ?って感じの説明だったんだったのです。その後、Final Cut Expressを買うしかないかなと思いつつ受けたのが、2回目のOne to Oneとパーソナルプロジェクトで、これが、なかなかいい感じで、iMovieについて、いろいろなこと分かりました。まず、静止画の画質の荒さというのは、iPhotoで写真を表示するときに、最初は少し荒く表示して、だんだんとクリアに見えていくのと同様の現象ということでした。だから時間が経つとキレイになっていくらしい(もっとも、元の写真の画質そのままというわけではありませんが、許容範囲内かなと。)。ということで、炎の写真もなんとか使えるということで、入れることにしました。

One to Oneやパーソナルプロジェクトはいいですね。疑問に思ったことがすぐに訊ける。ここで、One to Oneとパーソナルプロジェクトの説明を少ししておきましょう。One to Oneというのは、Apple Storeでトレーナーが隣に座って、いろいろと教えてくれるというもの。何かテキストとか教材に沿ってやるというのではなく、Macを使って自分のやりたいことをやりながら、分からない所がでてきたら、隣に座っているトレーナーに、ここをこうしたいんだけど、どうしたらいいでしょう?って訊くことができるというもの。一方、パーソナルプロジェクトは、One to Oneが一対一だったのが、こちらでは、トレーナーを何人かで共有します。なので、トレーナーが他のメンバーの対応をしているときは、待たなくてはなりません。ただ、One to Oneの場合は、今回の私のように、iMovieの使い方がまだよく分かっていなくて、しかも、作りたいものがあるときは、とても有効だと思いますが、ある程度使いこなせるようになったら、パーソナルプロジェクトの方が気楽でいいでしょうね。

今回、One to Oneやパーソナルプロジェクトで、iMovieについて新たに知ることができたのは、

・Command+Yで再生ヘッド情報が表示できて、再生している箇所の時間を把握できる。
・タイトルをツール的に補助的に使うと、途中の一定区間の秒数を計ることができる。
・トランジションを入れる前に元のクリップの時間の設定をしておくとよい。
・トランジションは前後の動画の長さを調整してしまう。
・音声のクリップのトリム編集で、Mキーを押すと、そこに、印を入れることができる・・・筈だったんけど、今やってもなぜかできない。右クリックすると、ビートマーカーを追加するが出てくるので、これでできるけど。これを使うと曲の途中で目印を入れることができる。 
・動画のクリップのトリム編集で、削除した筈の動画を復活できる。
・プロジェクトの表示は、見た目と実際の長さが違う場合があるので惑わされないこと。
・ファイナライズとは、iDVDで焼くためのもの。
・ローリングシャッターとは、動画のゆがみを補正する機能。iPhoneなどで動画を撮影すると、動画がゆがむことがある。それを補正する機能。でも、効果はそんなには・・・ってことらしいです。D5000でも動画がゆがむことがあるので、使うこともあるかもしれません。

といったところでしょうか。

Final Cut Expressを買わずに、iMovieでほぼやりたいことができました。よかった。


■タイトルについて

タイトルはちょっと悩みました。最初はnight visionなんてカッコよくね? と思ったのですが、なんか暗視スコープのことみたいなので、(ー'`ー;)ゥーン、て感じ。夜景なんで、仮にnight viewというタイトルつけたけど、やはり光が流れていく風景なんだから、lightが入るといいのではないかということでnight lightとかlight nightとか考えて、でも、夜運転するなら、光はつきものなんだから、lightって文字を入れなくてもいいかなと思って、語感もいいしnight driveにしようかとしたんだけど、なんか、最近作られた曲でこのタイトルは使われているみたいなので、最終的にlight driveに落ち着きました。実際に動画でlight driveの文字がカッコ良く流れると、なかなかいいと自分では思います。


■曲に入る前の音について

実際のバスの音は、ガイドさんの声も入っているし、そもそも、音割れしてしまっているので使えず。昔、ラスベガスの交差点で撮った動画に車の走る音が入っているからそれを使おうかと思ったけど、やはり、車外で撮った音と、車内で撮った音とは違うよなーと。そして、たまたま路線バスに乗る機会があったので録ってみたんだけど、なんか、バスの内装がガタガタする音が入ってしまい、これも(ー'`ー;)ゥーンて感じ。最終的には、鉄道の特急に乗ったときの音で、ガタンガタンと電車っぽい音がしない部分を選んで入れてみました。


■作曲について

私にとっての初めてのMacであるMacBook Blackを購入するときに書いたけど、Macには、GarageBandという手軽に音楽を作れるソフトが最初から入っていて、Macを買ったら、どんな曲が作れるだろうとワクワクしていました。そして、今、Macを使って、light driveのような曲が一応作れるようになったのは、とても嬉しいことです。Macを買う前の自分が将来こんな曲が作れるようになると知ったら、嬉しくて夜も眠れないかもしれません。もちろん、作曲に当たって、いろいろと見ていただいた成果ではあるんだけどね。


■次回作について

次の課題は、歌を作ることです。初音ミクやVY1も持っているのだし、すぐに歌わせることができる環境は既にあります。そうそう、Boot CampでVocaloidをインストールしようと思ってたけど、やはり、カバーではなく、作曲となると、Logicを使いながらの方が良いので、CrossOverを使ってインストールすることにします。今度は、もっとのどかな感じの曲になると思います。ハ長調かな。なお、light driveはとりあえずはYouTubeだけにアップするけど、Vocaloidで作った曲ならニコニコ動画にもアップしようかなと思います。アップしても、多分、コメントを見るのが怖くて自分では見ないと思うけど。あと、カバーの方は、出来れば季節に合う曲を年内にアップしたいですね。


posted by にしにゃー at 00:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする