2008年05月11日

Mac用テキストエディタWriteRoom

MacBookで文章打つソフトが欲しいなあと思って、AppleのPagesがあるじゃないか、ということで、iWorkを購入しました。

私は大抵は背景は黒にして、文字を白にしていることが多いのですが、Pagesでは、背景は白というのが基本みたいで、そのような設定はできないようでした。

まあ、それもMacの文化かなあと思って、そのまま使っていたのですが、Mac Fanで「文章に集中したい人へ」としてWrireRoomというソフトを紹介しており、ダウンロードして使ってみました。

どうして「文章に集中したい人へ」ということかというと、グリーンの文字以外は画面全体が真っ暗になるからなのです。だから、文字だけに集中できる。

グリーンディスプレイになってしまったみたいで、懐かしのMZ-2000を彷彿とさせる。そういえば、かつては一太郎と並んで使われていた日本語ワープロソフト「松」も文字が緑ではなかったか。なかなかいい感じです。

そういえば、Macを使い始めたとき、σ(o・ω・o)オイラは基本かな入力なので、ちょこちょこっと英数字を打つときは、かな入力状態のまま入力してファンクションキーで変換していたけど、Macではできないのかなーって思っていました。でも、程なくして、Macでも同じことができることが分かり、またMacBookでは一番上の列のファンクションキーは他のキーと共用となっているので、設定でファンクションキーが優先となるように変えて使っています。結構いい感じです。ただ、デリートキーの使い勝手については、Windows方式の方が使いやすく感じます。

ラベル:Mac WriteRoom
posted by にしにゃー at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック