2016年11月26日

朝の紅葉とマウントアダプター







今年の紅葉も撮り納めかな。





neighborhood 01

α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 55mm 1/50 f/11.0 ISO1600













neighborhood 02

α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 70mm 1/80 f/5.6 ISO500













neighborhood 03

α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 70mm 1/160 f/7.1 ISO100













neighborhood 04

α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 24mm 1/100 f/7.1 ISO100




前回撮ってから、とくにバッテリーを充電してなかったせいか、α99の撮影はここまでです。









neighborhood 05

X-Pro1 NF-FX SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM 1/4000 ISO200



望遠レンズで撮影したい場所もあったのだけど、と思っていましたが、そういえば、去年は、X-T10に、マウントアダプター経由で、SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSMを付けて撮影していました。今年も、X-Pro1で同じように撮影してみましょう。













neighborhood 06

X-Pro1 NF-FX SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM 1/1700 ISO200


X-Pro1でも、AEブラケティングで撮影しているわけですが、あれ? こんなに保存時間かかったっけ? たしかにそれなりに時間かかっていた印象はあるけれど、こんなにだったか。










neighborhood 07

X-Pro1 NF-FX SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM 1/80 ISO200


SIGMAの85mmはとうとうArtラインが発売されて、その性能に注目されていますね。










neighberhood 08

X-Pro1 NF-FX SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM 1/350 ISO200




今回、RAYQUALのマウントアダプターで、ニコン用のSIGMAのレンズをマニュアルで使ったけれど、Eマウント用で、AFとか手ぶれ補正とか使えるこんなマウントアダプターもありますね。 (・∀・)へー でも高いから買わない。

こっちは、マニュアルフォーカスになるけど、結構安いので気になりますね。この値段ならポチ∩゙ヽ(。・ω・。)してもいいね。

ところで、最近、ちょっと望遠レンズが気になっています。ちょっとだけ望遠で動体を撮るかもしれないケースがありまして。もちろん、XC50-230mmがあるので、それでもいいかなと思っているのだけど、動体となると、はたしてどうか。望遠レンズだと、70-300mmくらいので安いのあるよねーと思っていたのだけど、なんだか評判を見てると(。-`ω´-)ンーという気がしてきました。良いのは、やはりそれなりのお値段ですし。

でも、それなら、上で高いから買わないと書いたアダプターがいいかもしれない。これが本当に使えれば、既に所有しているSIGMA 70-200 F2.8のレンズとかも使えるだろうし、レンズを新しく買うことを考えたら、この値段でも安いっちゃ安い。あっ、でも、σ(ΦωΦ)オイラが持ってる望遠レンズだと、AFはゆっくりみたい。

ふと気づいたのは、ニコン用の望遠レンズを持っているってことは、逆転の発想(というか、むしろ、順当な発想ですね。)で、ニコンのカメラを新しく買ったらどうかということ。D3300あたりであれば、新しいレンズ買うことを思えばわりといいのではないかと思う。APS-Cであることは、望遠で使うことを思えばそれほどネックにならないように思うし、それに、XシリーズはAPS-Cだから、APS-Cでもいいかなって気もしてる。それに、本格的にこれからバリバリ望遠レンズを使うってほどでもないですし。




動体と言えば、XC50-230mmでこんな写真を撮ったこともあります。



SOUMA 01

X-E1 XC50-230mmF4.5-6.7 OIS 230mm(換算350mm) 1/220 f/6.7 ISO200



やっぱり、これでもいいかなー。








posted by にしにゃー at 21:10| Comment(0) | PHOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: