2014年12月20日

αcafe 水の中の生き物たち




αcafe体験会〜ワイドレンズで水族館を撮ろう〜に参加してきました。


今回は残念なことに、α99の右上手前のダイヤルのゴムの部分が外れてしまい、ソニーに診てもらうために預けてありました。そうしたら、体験会ではカメラも貸し出してくれるという。そんなわけで、α7SとVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSをお借りしたのです。このレンズはF4通しのレンズであり、F4を明るいと見るか暗いと見るかは人やシチュエーションによりけりだとは思いますが、魚達は動いていますし、一匹だけではなかったりしますから、少しは絞って撮りたいわけです。また、薄暗い水族館ですから、高感度で撮れるのならそのほうがいい。そう考えると、これはなかなか良い組み合わせだと思います。このレンズが面白いのは、レンズを一番短くした状態が一番望遠の35mmであること。だから、このレンズの初期状態は35mmです。また、大きく撮るには焦点距離は長い方がいいので、結局、今回35mmで撮った写真が多くなっています。


α7Sと言えば、ボディ内手ブレ補正付きのα7SIIが待望されています。α7Sの高感度にボディ内手ブレ補正が備われば、最強なのではないかと。まあ、そうなんだけど、今回の組み合わせではレンズ内に手ブレ補正の機能が付いているから、既に、高感度+手ブレ補正は実現しているんだよね。そう考えるとなんだかスゲーΣ(゚∀゚)。もっとも、単焦点レンズや非純正レンズでも手ブレ補正ができるというメリットを期待しているんだろうけど。








aqarium 0.5

α7S Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 16mm 1/60 f/4.0 ISO1600



水族館に入るとまずはベルーガがお出迎えです。












aqarium 02

α7S Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 35mm 1/60 f/4.0 ISO2500



水族館に行ったらクラゲを撮りたいと思っていました。












aqarium 01

α7S Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 35mm 1/60 f/4.0 ISO2500














aqarium 03

α7S Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 35mm 1/60 f/4.0 ISO8000













aqarium 04

α7S Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 35mm 1/60 f/4.0 ISO125














α7S Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 35mm 1/80 f/4.0 ISO100














aqarium 06

α7S Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 17mm 1/8000 f/4.0 ISO100



このレンズは太陽を撮るのに素晴らしいと書いてある記事を読んだことがあるので、こんな写真も撮ってみました。












ベルーガ.jpg

α7S Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 34mm 1/60 f/4.0 ISO500



再度ベルーガ。水槽の中のベルーガを撮ると、背景の色と溶けこんでしまうような色合いになってしまうのだけど、Lightroomで黒レベルなどをいじるといい感じに浮き上がってきました。












aqarium 07

α7S Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 34mm 1/60 f/4.0 ISO200













aqarium 11

α7S Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 16mm 1/60 f/6.3 ISO6400



イワシの群れは、すぐ近くで撮るよりも、広めに撮った方が良さそうですね。













aqarium 10

α7S Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 35mm 1/60 f/4.0 ISO400















α7S Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 16mm 1/400 f/4.0 ISO4000



ペンギンはとても速いのです。












aqarium 12

α7S Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 16mm 1/400 f/4.0 ISO5000














α7S Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 16mm 1/400 f/4.0 ISO4000









以上となります。今回、α7Sの設定が初めから静音設定になっていたので、それで撮っていたのですが、最早、撮ってる感が全くしません。無音です。振動もありません。これなら、どんな場所で撮っても邪魔になることはないでしょう。高感度も優れているわけですから、コンサート会場などでも活躍できそうですね。








ラベル:SONY
posted by にしにゃー at 22:17| Comment(0) | PHOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: