2014年04月25日

XF23mmF1.4 RとX-M1と料理



さて、恒例?の料理の写真を撮ってみました。前回のXF56mmF1.2 Rのときは、意外に結構いい感じで撮れましたが、XF23mmF1.2 Rの場合はどうでしょうか。最短撮影距離が28cm、最大撮影倍率が0.1倍と、意外に寄れるので、撮りやすいとも言えるのですが、換算35mmは料理を撮るには少し広角寄りかもしれません。










XF23mmF1.4 Rと料理-1

XF23mmF1.4 R 1/90 f1.4 ISO400 ポークピカタ











XF23mmF1.4 Rと料理-2

XF23mmF1.4 R 1/40 f1.4 ISO1000 ミックスグリル もう少し絞って被写界深度を深くしても良かったかもしれません。











XF23mmF1.4 Rと料理-3

XF23mmF1.4 R 1/45 f1.4 ISO200 チキン南蛮 ポーク南蛮とかビーフ南蛮とかも世の中にはありそうだ。











XF23mmF1.4 Rと料理-4

XF23mmF1.4 R 1/40 f1.4 ISO800 とんかつ ソースかけてから撮った方が良かったかもしれません。











XF23mmF1.4 Rと料理-5

XF23mmF1.4 R 1/210 f1.4 ISO400 チキンだったかな。ポークだったかもしれん。こうやって料理全体を入れるのが、このレンズで撮るときには適しているかもしれません。











XF23mmF1.4 Rで撮る料理はどうなるかと思いましたが、これはこれで良いかもしれませんね。




posted by にしにゃー at 23:14| Comment(2) | CAMERA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
湯気でてる〜〜っ!すっごくおいしそうです。。
このまま雑誌に載っていそうですね。
これは夜中に見たらダメだわ><

Posted by マユコ at 2015年03月18日 23:21
湯気が出ている写真は、ウインナーだけにピントが合っているように見えるので、もっと絞って撮っても良かったかなと思います。
湯気が出ているときに、ナイフとフォークを近づけると、手に熱いのが跳んでくるので、湯気がひいてから食べてます(・∀・)ゞ
Posted by にしにゃー at 2015年03月19日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: