2011年08月22日

【PHOTO】橋本先生の制作講座 花火

橋本先生の制作講座に初めて参加しました。ポートレート講座には全部出ている私でありますが、先生のもう一つの講座である制作講座には、まだ一度も参加したことがありません。先生から、今度、工場萌えやるんだけど参加しない? というお誘いがあったので、参加することに。工場萌えは2回目でやるので、1回目は花火の撮影となります。

撮影は、鶴見川花火大会です。16:30に現地集合で、そのときは、撮影場所は余裕で確保できたのですが、花火開催の時間が近づくにつれ、急な斜面の河原であるにもかかわらず、人がたくさん集まってきて、身動きもできない程となりました。三脚も最初は、広く場所をとって設置していたのですが、自分の目の前に収まるように、設置しなおしました。

三脚の設置の仕方ですが、斜面に設置するのに、脚の上の方のレバーを押して、1本か2本、通常よりも広く開くようにするのですが、センターのポールはまっすぐ垂直になるようにします。

次に、三脚へカメラを固定するのですが、まずは、雲台がフリーに動くように、ネジ(というかぐるぐる回して固定するやつ)を緩めて、横に倒して、カメラをはめて、また、ぐるぐるを回して固定。それから、カメラの位置を決めて固定。緩めた所以外のぐるぐるも念のため締まっているか確認してから手を離します。ちなみに、私の三脚は、クイックシューなので、そんなことはしなくても、装着は簡単なのですが。(・∀・)ゞテヘ そういえば、私が心がけていることがあって、クイックーシューでカメラを三脚から取り付けたり外したりするときには、カメラのストラップを首にかけるようにしています。そのおかげで、大事に至らなかったこともあります。

カメラの設定は、感度は低いほど良いということです。D5000では、標準の感度はISO200なのですが、Lo(ISO100相当)の設定としました。また、絞りはF11くらいがいいだろう、シャッター速度は、花火をどこまで写すかで決めることになるということです。レンズのピントもマニュアルで無限遠にしておきます。


鶴見花火 1.jpg



女性受講生の方が、浴衣で見に来ていた人に、花火と一緒に撮らせてくださいという声をかけて、了解を貰ってしまって、多分、スローシンクロで撮るしかないんだろうけど、夜景と違って花火を背景に入れるには、手持ちで撮るのは厳しく、ほとんど斜面しかないような場所で、花火が入るような位置で人と三脚を設置できるような場所がなくてはならず、先生を困らせていましたが、結局、人がひしめく込み具合に、それどころではありませんでした。


鶴見花火 2.jpg



また、斜面の一番後ろ端に座っていた(それより後ろはアスファルトで舗装された道なのですが、そこは緊急用の道となるので、立ち止まったりすることもしちゃいけない。)のですが、後から来られた方が座れるように、前に少し移動するなどしました。そしたら、お菓子もらいました。ヽ(Φ∀Φ)/わーい


鶴見花火 3.jpg



さて、その花火なのですが・・・、始まる頃には、小粒の雨が・・・ヒィー(((゚Д゚)))

その日は、降水確率が50%。でも、行ったときは雨が降っていなかったし、一応、傘とか、ビニール袋とか、雨が降ってもなんとかなるような用意はしていきました。しかし、撮影場所は、見上げて花火を見るような場所だったのです。そのため、カメラの上に傘をさしながら撮影しようとすれば、花火を隠してしまいます。傘をささないと、水滴がレンズにつきます。上向きだから。っていうか、カメラにも雨がかかるよね。防滴でないカメラやレンズ使ってるんですけど・・・。

花火の間に、雨がやむときがあればいいなと思っていたのですが、花火の間はとうとうやむことはありませんでした。(;´Д`)ノえーっ

それでもなんとか撮影したのがこれです。


鶴見花火 6.jpg



後で先生に見てもらったところ、レンズフィルターをつけていなければ、雨粒はもう少し違ったぼけ方をしたでしょうということでした・・・。(´・д・`)ェー フィルターがあったから、それでも、撮影したのに、なかったら、きっと撮影すらしてなかったと思いますよ。でも、この雨粒の感じ、これはこれでいいんじゃないかな?

雨が降りだしたときに、一緒に受講した方からシャワーキャップを貰い受け、カメラにかけておきました。雨いつになったらやむかなーと思いながら、シャワーキャップごしにカメラの設定をいじっているときに、ライブビューに花火写ってるから、これで撮影してみたらどうかなーと思ったんだけど、シャワーキャップの水玉模様が写り込んでいて・・・。今度、雨が降りそうなときには、透明なシャワーキャップを持っていくことにしようと思った次第です。

というわけで、今回は、(ー'`ー;)ゥーンて感じなのですが、最後は開き直って動画撮ったので、載せておきます。シャワーキャップ越しなので、水玉の部分が入ってしまっていますけど。





ところで、YouTubeは、縦表示もできるようになったらいいと思うんだ。

まあ、そんなこんなで、今回の撮影はε-(ーдー)ハァという感じでしたが、こんなときもあるさー。

後で、他の受講生の写真を見せてもらったら、雨粒がついていても構わず撮った写真の中に、水で花火が歪んで面白い効果が出ている写真もありました。こういうのもありだったかーと思った次第ですが、しかし、レンズに水がついちゃうよ。(ー'`ー;)ゥーン 先生によると、タオルで拭き拭きしながら撮影したそうです。レンズは消耗品と割りきって撮るということでした。撮った後は、室内で乾燥させるそうです。エアコン入れると乾燥するから。

ワイパー付きの透明なレンズカバーみたいのがあれば売れるんじゃないかな?


鶴見花火 7.jpg


帰り道、雨はやんでいた・・・。


posted by にしにゃー at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | CAMERA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック