2011年02月20日

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM購入に至る経緯

欲しいから書いてしまうのか、書くから欲しくなってしまうのか、デジタル一眼レフカメラなんか、書いたから欲しくなった面もある。やはり相乗効果なのかな。

Twitterで、SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMが欲しくなってきたなう。と呟いたら、すぐに反応があって、背中を押されてしまいました。いろいろサイトを巡って、5年保証のことも考えると、ビックカメラが良さそうだなーと、深夜の判断力で、ボーナス一括払いで購入ボタンを押してしまいした。∩゙ヽ(・∀・)ポチ


SIGMA 17-50mm F2.8.jpg



さて、以前であれば、このレンズを購入しようとは思わなかったと思います。まず、18-55mmというレンズキットのレンズを既に持っていること。そして、APS-C専用であること。それでも、値段がとても安ければそれでもいいのですが、7万円弱もしてしまいます。

これくらいのレンズが欲しいと思ったのは、まず、F2.8通しであること。ポートレートを撮っているときに、50mm F1.470-200mm F2.8を使うことが多い。しかし、もっと広角となると、レンズキットの18-55mmしか持っていなかった。レンズキットというのは、たいてい、そのカメラ専用と言ってもいいから、画質的にかなり有利と言われています。しかし、f値が3.5-5.6。18mmなら、それなりに明るいけど、ズームしていくと、f値が上がって行きます。限られた時間で、いろいろと撮影したいときには、F2.8通しのズームレンズはなかなか良いと思います。f値が同じで、被写体が同じなら、基本シャッタースピードは変わりませんからね。それと、1mmとはいえ、今までもっているレンズよりも広角であること。滝の写真を撮りに行ったときのことを思うと、広角レンズ欲しいんだよねー。1mmの差がどれくらいあるかは何とも言えませんが、少しでも広角寄りということで。

Nikonの35mm F1.8の単焦点とも迷ったのですけどね。当たり前だけど、単焦点だから、35mmで固定されてしまう。APS-Cだから、実際は、35mm換算で、52.5mmになってしまうし。それはそれで、標準レンズ的で宜しいのですが、より、広角のダイナミックな感じの撮影もしてみたかった。また、70-200mm F2.8のように、f値を保ったままで、画角が変えられることの便利さも体験していましたからね。

28-300mmも持っているので、これで、ダブルズームキットで購入したレンズはどちらも使わなくなりそうです。ダブルズームキットを購入した頃は、レンズの違いなんて、画角と手ぶれ補正くらいしか念頭になかったから、まさかこんなことになるとはね。でも、それだけ、写真撮影が好きになったということでもあるから、これでいいのだ。

ところで、APS-C専用のレンズを購入したのは、やはり、フルサイズのカメラを実際に手に取ってみて、まだ、σ(ΦωΦ)オイラにはAPS-Cかなーと思ったからという面があります。もっとも、そう思ったのは、D700の後継機種が出る前の判断ではありますけど。でも、CP+でも発表なかったから、当分は出ないでしょうし。D7000の評判も良いから、APS-Cもまだまだこれから行けるだろうと思うのです。

それに、APS-Cでも良いのと思うのは、実は、フォーサーズの存在もあるかもしれません。フォーサーズで撮影した写真の画質が(・∀・)イイ!!という記事もよく見ます。最近では、E-5なんてそうですよね。フォーサーズは、APS-Cよりも更に撮像素子が小さい。そのフォーサーズの画質がそれ程優れているのなら、フルサイズにそこまでこだわる必要はないのではないか。

なんてことを書いたけど、D700の後継機種がとても良かったりすると、心がかなり動きそうではあります。カメラ雑誌などで撮影された写真を見れば、ほとんどフルサイズのカメラで撮影されていますからね。


ラベル:D5000 SIGMA レンズ
posted by にしにゃー at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | CAMERA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック