2010年12月01日

ちょっとAirに

以前、もっとAirにという標題で書いたことがあります。きっとジョブズがそれを見たからだと思うのだけど、11インチMacBook Airが登場しましたね。ネットブックが流行していた頃に発売されていたら、いくら性能は良くても、ネットブックの中に埋もれたかもしれませんが、今の時期に発売されたことにより、結果的に、インパクトがあったように思います。

11インチMacにインパクトがあるとはいえ、以前書いたように、今回は、メインマシンとしてのMacなので、13インチのMacBook Airを購入したわけですが、11インチがもっとAirにだとしたら、13インチAirはちょっとAirにって感じですね。

結局、バックパックに入れてしまえば、本なども入っているので、本体が軽いというありがたみは薄れます。むしろ、スリムになって、収納スペース的なメリットの方が大きいのかなと思います。

MacBook Blackを持ち出していた頃は、使用しなくなったら、システム終了していたのですが、今は、フタを閉じるだけ。再度使うときは、フタを開けるだけです(フタっていうか、ディスプレイの部分ね。)。これは、かなりAirな感じです。スタンバイ時間が最大30日間ということですから、もうバッテリーのことなんて(・з・)キニシナイ!!

他に、MacBook BlackからAir 13インチにメインマシンを移行して感じることを書いてみましょう。

ボタンがないトラックパッドはまだ慣れない。でも、ほとんど同じような使い勝手で使えるので、そんなに問題はない。

解像度が少し良くなっているので、画面が広くなったように感じる。

筐体の色がシルバーというのは、ちょっと自己主張しすぎかな。もう少し落ち着いた、クロームな感じだといいのですが。

SDカードリーダーが付いてるのはやはり便利だ。

ファンの音は普段はしないけど、iPhotoで写真を読み込むときには、かなりする。

今のところは、こんなところです。

Logic ExpressをAirでまだちゃんと使っていないのだけど、Logicも問題なく使えたり、Boot Campも普通に使えたら、今回の移行は正解と言えるかな。

■追記
そういえば、システム終了をしないということは、起動する必要もないということ。Mac起動するときに、ジャーンっていう音がでるけど、静かな場所ではちょっと躊躇してしまうんだよね。そういう意味でも気軽に使えるようになった。まあ、元々、音がでなければそれですむ話ではあるんだけど。

■追記2
Airをひさしぶりに起動したら、はやっ。なにこれ。スリープからの復帰なみなんですけど。


MacBook Air & Black.jpg


ラベル:Macbook Air
posted by にしにゃー at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック