2010年09月12日

【Nikon 28-300mm】ネットの向こう側のハヒシビロコウさん

28mm-300mmのレンズを購入したら撮りたいと思っていたものがありました。ハシビロコウさんです。上野動物園に行って来ました。

今回は、AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRと、念のため広角用として18-55mmのレンズを持って行きました。

上野動物園では、JR上野駅からまっすぐ進んだ所の表門から入って、園内を奥の方に進み、西園まで辿り着いたらフラミンゴが目印です。フラミンゴから道を挟んだところに、いました。ハシビロコウさんです。
















F1.4のレンズも持って行けば良かったと思いました。というのは、ハシビロコウさんのいる区画はネットで覆われていて、ネット越しに撮影するのですが、結構、人のいるはじの方でじっとしていたので、そこからネットを写さないように撮るには、F値が低い方が有利である筈だからです。なので、むしろちょっと離れたネット越しに撮影したりもしました。それと、上野動物園では、夜行性の動物などは、かなり暗い所にいます。そこでの撮影はあきらめていたのだけど、明るいレンズがあれば有利だったと思います。




ハシビロコウさんは基本じっとしているのですが、たまに本気だします。


























こちらの方に迫ってくるのをファインダー越しに見ると、思わず身を引いてしまいます。






動画も撮ってみました。縦で撮影しましたので、画面を横にしてご覧下さい。D5000で動画を撮ると、どうもコントラストが低くなるような気がします。なんか白っぽくなるんだよね。なので、iMovieでそのへんを少しだけ調整しています。





556枚まで撮ったところで休憩。汗いっぱいかいて、喉も乾いていて、西園食堂で500円で売ってる生ビール飲んだらさぞかし旨いんだろうなーと思いました。でも、店内は、満席だったので、屋外の日陰のテーブル席で、生茶を飲みながらMacに写真を取り込みながら休んでいました。外でも日陰は涼しかったです。

上野動物園では、親子連れやカップル、たまに、私みたいな一眼レフカメラを持って撮影している人たちがいました。兄妹の子供が手をつないで、探検に行ってくる〜と言って歩いていったのが可愛いかったです。オレも探検に行きたいよ。あと羨ましかったのは、同じカップルでも、それぞれ一眼レフカメラを持って一緒に撮影してる人たちがいたこと。いいなー。

私は、ほとんどハシビロコウさんのところにいましたが、普段はやはり動かない鳥でもあるので、ときどき違う場所に行って、他の生き物を撮影したりもしていました。




マヌルネコ。普通のネコ科の動物と異なり瞳孔が丸いのです。室内のガラス越しでの撮影。本当はもっとスモークがかかった感じだったんだけど、iPhotoでコントラスト上げたりして調整しました。
















ワオキツネザル。ちゅーしてました。オレもちゅーしたいよ。(*゚3゚)/~チュッ♪.






人間くさいワオキツネザル






吠えるペンギン(嘘)






このペンギンは、なぜか存在感がありました。






動物園の中の人が餌をあげるときには、鳥も人も集まってきます。なんか野生の鳥もいると言っていたけど、どの鳥だったのだろう?






歌ってるみたい。あーあー♪






野生のトンボ♪






あの暑い盛りが過ぎ去ったといはいえ、まだまだ暑く、(;´Д`A```タオルを持って行ってよかったです。ずっと首にかけていましたが、帰る頃には、タオルはかなりしっとりしていました。

800gの28-300mmのレンズを付けたD5000ですが、私は、重い〜と思うことはありませでした。むしろ、その重量感を頼もしく感じたくらいです。動物園では、70-300mmのレンズでも十分だったかもと思いますが、トンボの写真などは、最短撮影距離が0.5mだからこそ撮れたものだと言えます。



汗たくさんかいたけど、ハシビロコウさんを堪能しました。ヾ(´ε`;)ゝ ふぅ






posted by にしにゃー at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | CAMERA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック