2009年04月18日

メーカーのイメージ

HP 2140を購入するときの判断にも影響を与えたけど、メーカーのイメージってあるよね。ちょっとそれを書いてみようと思う。それは必ずしも客観的に妥当なものとは限らないけど、まあ、イメージはイメージだから。あ、σ(o・ω・o)オイラにとってのイメージだからね。

シャープ
今でこそ液晶(だけ)のシャープって感じだけど、σ(o・ω・o)オイラにとっては、先進的なイメージがあったんだよね。なんといっても、X68000。ずっと欲しいと思っていたパソコンでした。そもそも、初めて触ったコンピュータはシャープのポケコンPC-1500。プログラムを入力しまくったし、プロッタプリンタでゴルフゲームとか、たくさん遊びました。パソコンサンデーも、MZ-2000がメインだったかな。MZ-2000は無理でも、MZ-700が欲しいなあとか思っていて、そうこうしているうちに、NECの喋るパソコン、PC-6001mk2が出たので、それを買ってもらったのですけど。カラーが使えるMZ-2200とか出て、また、シャープ関連の書籍とか非常にいい印象があって、Oh! MZという雑誌は買わなかったけど、非常に楽しい雑誌だったと記憶しています。MZシリーズがあるのに、よりコンシューマー向けというか、むしろゲーム向けと言ってもいいテレビパソコンX1が出たときの驚き。欲しかった−。携帯情報端末Zaurusももう販売していないけど、なかなか、先進的なメーカーという印象がありました。
でも、最近は、コンピュータ関係では、あまり出てこなくなりましたね。ただ、今度なにやらPCを出すらしく、モニターを募集していたらしい。もっと早く知っていれば・・・(´・з・`) 先進的なパソコンが出るといいですね。

富士通
富士通は、今となっては、積極的に選択するようなメーカーではありません。多分、富士通がFMVを出した頃からイメージが変わったような気がします。昔は、FM-7とか、FM-77とか、NECのPC-88と較べてどっちがいいかって感じだったんですけどね。その後、雑誌の広告とかで、FM-77AVとか、使える色数がどんどん増えていって、もう自然色じゃね?って感じで、あの頃はときめいたものです。その後、FM-TOWNSが発売されて、CD−ROMがメインという他のパソコンとは一風変わったパソコンになって、たしかキーボードは別に買わなくちゃならなかったような気がします。多分、日本のMacを目指していましたよね。いつかは買いたいと思っていたパソコンでもありしました。X68000とどっちがいいかって感じですね。その頃の富士通の印象は、σ(o・ω・o)オイラにとってはとてもいいものでした。

NEC
98で日本のパソコンの標準でしたよね。パソコンといえば、PC-98でした。σ(o・ω・o)オイラにとっては、PC-6001mk2を使いこんだから、そういう意味では、MS-DOS以前のパソコン歴で一世を風靡したメーカーでもあるんだよね。NECは、今や、98の頃のような業界の先頭にいるような印象はないけれども、水冷パソコンとかも出しているし、それなりに信頼できるメーカーのような印象はあります。そういやスパコンのイメージもありますね。ただ、パソコンに、ValueStarって名前付けるのよした方がいいと思うよ。まあ、そういうわけで、NECにはスタイリッシュとかそういうイメージではないけど、そこそこいいような感じはします。

東芝
東芝はLibretto作ってたよね。面白いイメージもあった筈なんだけど、なんかあまり印象がないなあ。東芝って名前自体どうかと思う。昔の東京芝浦電気の方がカッコ(・∀・)イイネ!! そういえば、ソードを買収したんだっけ? っていつの話をしてるんだか。

SONY
SONYはまあまあいい印象あるよね。腐っても鯛という感じ? ただ、Walkmanのデザイン、もうちょっとなんとかならないかなーとも思う。機能的には、その形状しかないってことかもしれないんだけど、しかし、ふつーなデザイン。最近アレだったけど、VAIO type Pで好感度が(・∀・)bグッと上がりましたね。結局買わなかったけど。HP 2140を買った今でも、VAIO type Pもいいよなあと思う。でも、低解像度VAIO type Pというのがもっと安く出たら、そっちの方がいいかも。

Apple
アップルはねえ。なんというか、いいよね。でも、デザイン的に。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!って思ったのは、初期のMacは別として、iMacが出てからかな。

HP
HPといえば、横河ヒューレットパッカードでしたね。イメージ的には、ニュートラル。色はブルーっぽいシルバーな感じ。わるくはない。むしろ(・∀・)イイ

Dell
Dellは、どうなんだろうねー。デザイン的にもっとがんばって欲しいとは思う。それから、DELLのロゴってどうよって思う。どうなのかなー。もっとロゴを小さくあつらえば印象も違ってくるかもしれない。σ(o・ω・o)オイラが就職して最初に買ったパソコンがDellのデスクトップパソコンでした。40数万円でしたから、今までで、最高額ですね。

Panasonic
Panasonicはやっぱり家電のイメージが強くて、どうなのかなーって思いつつも、そういえば、トラックボールのLet's noteを愛用していました。あのトラックボールは今でも秀逸だと思います。タッチパッドもだいぶ性能が上がってきて、ストレスなく使うことができるようになったけど、しかし、あのトラックボールは(・∀・)イイ!! 今のLet's noteはデザインがなー。なんかね。今回、ネットブックを買う前に、中古のLet's noteなども見てみたけど、やっぱりデザイン的にどうもね。Let's noteって小さいのにどうして高いのー!?って思われていたと思う。それは、小さいからこそ、高いんですよってことだったんだけど、ネットブックは小さくて安くて、普通の人の感覚に近い。性能的には、Let's noteの方が断然いい筈なんだけど、そこまでの性能を必要としていない人も、他に選択肢がなかった。今はいい時代になったものです。

EPSON
今でこそ、プリンタのEPSONというイメージが強いけど、やっぱりEPSONと言えば、98互換機だよね。σ(o・ω・o)オイラが就職して2番目に買ったパソコンは、EPSONのラップトップの98互換機でした。(。-`ω´-)ンー1番目と2番目が逆なような気もする・・・・。なんかたまたま安く売ってたので購入したのです。40MBのハードディスクを別に購入して、DOSで遊んでました。遊ぶといっても、管理工学研究所の松で文章を打ちまくっていたような気がする。なつかしいなあ。今でも、家にあるよ。もう何年も起動していないけど。今は、パソコンでいうと、EPSON Directだよね。ショップブランドのBTOパソコンよりは安心感があると思いつつ、結局値段的に、ショップブランドのBTOパソコンを買ってしまったりするのです。

以上です。やっぱりパソコンを通してのイメージになってしまっていますね。携帯だとまた別のイメージもあるのかもしれませんが。


posted by にしにゃー at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック