2008年11月30日

ポケットに入れてそのまま忘れていられるカメラ SONY DSC-T77

みんぽす このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら



スリムでスタイリッシュなカメラである。

ソニー デジタルカメラ Cybershot T77 (1010万画素/光学x4/3.0型タッチパネル液晶) ブラウン DSC-T77/T


昔、ポケッタブルという言い方をときどき耳にしていたと思う。とはいえ、その頃のポケッタブルは本当にポケットに入れられるのかって感じでしたが、DSC-T77は、本当の意味でのポケッタブルだ。

この前書いたRICOH R10が、いつも鞄に入れて持ち歩こうという気になるカメラなら、DSC-T77は、ポケットに入れて、そのまま忘れていられるようなカメラだと思う。

実際は、R10とあまり大きさが変わらなかったFuji Film F11だけれども、DSC-T77と較べるといかにも大きい。このカメラを使うと、もう後には戻れない感じ。もちろん、RICOH R10のようなカメラは、あれはあれで良いけど。

画質は特に問題ないと思う。もうこれだけ撮れればいいよ。私が撮った写真は、また夜に撮った写真ばかりだけど、ここにあります。

使い勝手としては、多分、一番気になるのは、シャッターボタンとズームボタンと電源ボタン以外は、タッチパネルによる操作であることだと思う。これは、最初、iPod touchのつもりで使おうとしたら、ほとんど反応しなくて(#゚Д゚)ムッキー。でも、付属のペイントペン(いわゆるスタイラスペン)で操作したら、ふつーに操作できました。そのうち指でも操作できるようになったんだけど、iPod touchが指の平(というのか?)で操作するのなら、DSC-T77は爪先で操作するって感じなのだ。まあ、iPod touchの操作性が秀逸すぎるんだけど、DSC-T77のタッチパネルも、これはこれで使えないことはない。

あと、レンズの位置のせいか、さっと出してさっと撮ったときなど、レンズに指がちょっとかかってしまうことがあった。落ち着いて撮れば問題ないんだけど。

店頭でも見てきましたが、モックでした。だから、SONYには、質感のない(少なくとも実物よりも軽い)偽物を置くなと言いたい。良さがわかんないよ、あんなんじゃ。という思いはあるけれども、そのお店に陳列してあったその他のデジタルカメラを見て、えーと、なんかSONYの製品と大分違うなーという印象。他メーカーの製品は、DSC-T77よりもちょっとデカいかな。それから何よりも違ったのは、カメラのレンズ部分の印象。実際はそこまで大きくないレンズであっても、まるーく、レンズ部分を強調する装飾がされているものがほとんどであり、いかにもカメラでーす、レンズでかいです、すごいでしょ?って言ってる感じ。その中で、DSC-T77は、ケータイって思われるくらいのさりげなさです。

そうそう、DSC-T77を人に見せると、これケータイ?って訊かれました。EXILIMケータイなんてのも出ているし、そろそろケータイとカメラは別々に持たなくても良くなりそうだけど、やっぱり、79gのtalbyは手放せませんね。

話がそれましたが、デジタルカメラを買うとしたら、DSC-T77と似たコンセプトのカメラはきっと他にもあるだろうから、別にSONY製品でなくてもいいやって思ってたんだけど、少なくとも店頭では見つけられませんでした。例えば、これから旅行に行くなど、すぐに写真を撮るような機会が多くなりそうだったら、今ならきっとこの製品を買うと思います。

今回、私が使ったカメラの色は、ブラウンでしたが、ブラウン(*ゝД・)bィィ☆彡。店頭で他の色も見ましたが、一番落ち着いていて、大人向けの色って言ったらいいのかな。

ところで、以前は、私はデジタルカメラの大きさにはそれほどこだわってはいませんでした。というのは、三脚とセットで使うことが多かったから。友人達と旅行に行って、写真をフツーに撮りまくっていると、写真に自分が写らない。友人に撮ってもらったりもするけど、自分で撮りたいアングルではなかったりするし、第一、その友人が写らないじゃないですか。だから、三脚とカメラはセットなもの。三脚でかさばるのだから、今更、カメラが少しくらい大きくても構わない・・・。

そう思っていたんだけど、まあ、あまり、みんなと出かけることも少なくなったというのもあるけれども、三脚とのセットだけで使うものでもないだろうっていう気持ちもある。自分が( ^ω^)おって思った景色を、すぐに撮れるというのもいいと思う。そういう意味では普段持っていることも忘れるくらいで、しかし、これはってときには、すぐに思い出して使える。そんなカメラがいいよね。もちろん、三脚を使った使い方もできる。この場合は小は大を兼ねるといったところかな。

posted by にしにゃー at 02:46| Comment(0) | TrackBack(1) | CAMERA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

v7A8B01SONY
Excerpt: SONYについて気になりだしたら止まらない!調べまくって見ました。やはり単純に...
Weblog: SONY
Tracked: 2008-12-01 23:47