2020年03月29日

雪と桜



雪が降りましたね。








α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/250 f/1.8 ISO100














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/200 f/1.8 ISO100














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/250 f/1.8 ISO100














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/160 f/3.5 ISO200














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/160 f/4.5 ISO400







もうすぐ、四月ですね。






ラベル:SONY
posted by にしにゃー at 22:00| Comment(0) | CAMERA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

Many Illuminations 2020 Part III




Part II の続きです。










α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/60 f/1.8 ISO1600














X-T20 XF16mmF1.4 R WR 1/30 f/1.6 ISO1250














X-T20 XF16mmF1.4 R WR 1/30 f/1.6 ISO1000



この写真もモデルが選んだ写真です。

あんまり他では撮れないような写真だな〜と思います。楽しそうで好き。

確かに、普通は女湯の前ではなかなか撮れませんよね。なんとなく顔も湯上がりみたいにつやつやしているように見えます。











α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/40 f/3.5 ISO1600














α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/40 f/1.8 ISO1600














α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/60 f/1.8 ISO1000














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/160 f/2.0 ISO800














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/160 f/2.0 ISO1000














α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/50 f/1.8 ISO1600














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/160 f/2.5 ISO1250














α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/60 f/1.8 ISO640



そして、モデルの選んだ写真となります。

非日常っぽくて好きなんです。
ふだんは、顔を寄せて写真撮ったりはしないけど
被写体の機会があったから撮れた写真!というか…。
うまく言葉にできないけど、
懐かしさがあって好きなんです!





以上となります。

今回は久しぶりの撮影になったのだけれど、そのせいもあってか、α7IIのISOの設定がいつの間にか25600になっているのに気づかず撮り続けていた場面がありました。やたらシャッタースピードが速かったのですぐに気付けば良かったのだけれど・・・。通常はISO AUTOにしているのですが・・・。撮影中にフォーカースモードの設定が変わってしまったりして、元に戻すこともよくあります。こういった変更したくない設定は、ロックできる機能があると良いと思う。

さて、撮影は土曜日の夜だったんだけど、翌日、カメラとレンズを早速修理に出そうと調べてみたら、ソニー直営でやってる修理できる所は日曜日休み。ソニーのサイトで修理に出せるお店を調べているとおぎさくの名前が! α7IIもSonnar T* FE 55mm F1.8 ZAもおぎさくで買ったものではないのだけれど、おぎさくに持ち込みました。ちなみに、α99とSonnar T* 135mm F1.8 ZAはおぎさくで購入したものです。結局、カメラ本体は異常なしで、レンズの修理となりました。レンズはソニーストアで購入したものだけれど、高いレンズを買うときには長期保証に入った方が良いということで、3年保証に入っていました。σ(ΦωΦ)オイラがこのレンズを買ったのは、2016年だったよ・・・。2万ちょっとかかりました。(;´д`)トホホ…





ラベル:FUJIFILM SONY
posted by にしにゃー at 00:39| Comment(5) | Portrait | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

Many Illuminations 2020 Part II




Part I の続きです。










α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/60 f/2.2 ISO1600














α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/60 f/1.8 ISO1250














α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/60 f/1.8 ISO1000














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/60 f/1.8 ISO1600














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/160 f/1.8 ISO1000



桜のライトがとっても綺麗で寒空の下で撮影したのに、華やかでとっても好きです。表情も柔らかくて、背景にぴったり。

この写真は、モデルが一番に選んだ写真です。














α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/60 f/1.8 ISO1600














α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/60 f/1.8 ISO640














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/80 f/2.0 ISO1600














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/160 f/2.0 ISO1250














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/125 f/1.8 ISO1600














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/80 f/1.8 ISO1600









イルミネーションは雨が降っていても映えるよねってことで、雨天結構(決行)だったわけだけれど、カメラもレンズも濡れて。゚(゚´Д`゚)゚。イヤァァァァァーン でも、写真は良い感じで撮れた感じ。

ただ、α7IIでピントを合わせようとすると、なんだかジーコジーコとちょっと尋常じゃない感じの振動がする。これが、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAを付けたα99であれば、ボディ内のモーターが動いているからかなって思うのだろうけれど、α7II。モーターなんて内蔵されていたっけ? ただ、ピントは合わせることができたし、撮影自体はできました。



Part III に続きます。





ラベル:SONY
posted by にしにゃー at 23:08| Comment(4) | Portrait | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

Many Illuminations 2020 Part I




イルミネーションはたいていクリスマスまでなんだけど、今でもたくさんのイルミネーションがあるところがあります。今回はそんな場所での撮影ですが、雨が降っていました。










α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/60 f/1.8 ISO800



今回は一枚目からモデルが選んだ写真となります。

幻想的で、宇宙と空が合わさってるみたいでとっても素敵な写真だなと思いました。

今まで、いろいろなイルミネーションの写真を撮ってきましたが、空の色まで変えてしまうというのはありませんでした。














α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/60 f/1.8 ISO640














α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/60 f/1.8 ISO800














α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/60 f/1.8 ISO1250














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/160 f/1.8 ISO1000














α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/60 f/1.8 ISO640














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/13 f/1.8 ISO1600














α99 Sonnar T* 135mm F1.8 ZA 1/40 f/1.8 ISO1600














α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/30 f/2.5 ISO1600














α7II Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 1/60 f/2.5 ISO1250



この写真もモデルが選んだ写真となります。

オフショットっぽくて好き。背景のレインボーの階段が珍しくて面白いな〜と思いました。この配色、お気に入りです!

このレインボーな階段の見える場所は、軒下なので傘をさしていません。また、大きめなLEDライトの光を当てることもできましたので、月の明かりのLEDを使わずに撮っていたら、外国の女性の方から「お月さま貸してください」と言われて、モデルの人がスマフォで何枚か月を持ってる写真を撮ってあげたりしていました。














X-T20 XF16mmF1.4 R WR 1/75 f/1.4 ISO200









夜の撮影で大事なのは、いかにモデルに光を当てるかです。そのため、月のLEDライトを使用しているわけですが、最近のやつはみんなタッチセンサー式なんですよね。意図せずスイッチが入ったり、色が変わったり、光量が変わったり・・・。鞄に入れている間はずっと光っぱなしなのは仕方なかったりもします。一番最初に買った月のLEDライトは、電源だけはスライドスイッチ式なので、その点は良くて今回も使用しているのですが、しかし、これも、なんらかのセンサーが入っていて、求める光を出すためには叩いたりなんだりが必要です。ただ、単に普通に光ってくれればそれでいいのですが・・・。


Part II に続きます。




ラベル:FUJIFILM SONY
posted by にしにゃー at 22:34| Comment(6) | Portrait | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

そんないっとだる


そんないっとだるですが、第121回まで聴いてその後は今のところ聴いていません。

第100回近く?くらいになってからメンバーが三人になって、100回過ぎた辺りから、さかいさんが登場しなくなり、番組でもそのことに触れなくなって何回か過ぎた頃、120回くらいで、さかいさんが再登場! しかも元気な声で! これからもずっと続くかのようなノリと話しぶりで!

でも、そんないっとだるは第125回までなんですよね。終わらせたくないので、元祖そんないの、そんなことないっしょを聴き出しました。こちらは2019年1月分からPodcastで聴けますので、そこから。なお、過去配信はホームページ上で聴けると思います。

そんないっとだるは、全部、Podcastで聴けるのですけどね。

そんなことないっしょを聴いていると、さかいさんの名前が出てきてびっくり。2019年の最初の頃は少なくともまだメンバー扱いではあったようです。また、さかいさんが始めた番組である「そんない美術の時間」を引き継ぐという人も登場しました。

そんなことないっしょも、まあ聴ける番組で良いのだけれど、そんないっとだるのさかいさんと竹内さんのやりとりをこれからも聴きたい。




posted by にしにゃー at 23:59| Comment(2) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

GMレンズでポートレート




おぎさくのソニーαクリスマストークショーに参加してきました。おぎさくは、私が今も使用しているα99とレンズを購入したお店です。講師は馬場伸幸先生。またミニ撮影会も行われ、モデルは相沢奈緒さんでした。

ミニ撮影会では、ソニーのレンズが貸し出され、気になっていたGMレンズを使って撮影することができました。










α7II FE 135mm F1.8 GM 1/160 f/1.8 ISO200













α7II FE 135mm F1.8 GM 1/160 f/1.8 ISO160














α7II FE 135mm F1.8 GM 1/160 f/1.8 ISO320














α7II FE 135mm F1.8 GM 1/160 f/1.8 ISO400



FE 135mm F1.8 GMです。σ(ΦдΦ)オイラがメインで使用しているのはAマウントレンズのSonnar T* 135mm F1.8 ZAですが、将来、Eマウントに完全移行することがあれば購入対象候補となるレンズです。

大きすぎたり重すぎたりすることもなく、写りもなかなか良い感じです。

Sonnar T* 135mm F1.8 ZAから移行すべきかというと、(。-`ω´-)ンー。やはり、Aマウントを現役で使い続けられるなら、あえて移行することはないかな。

実は、α99とSonnar T* 135mm F1.8 ZAも持っていっていたのですが、Eマウントのレンズが用意されている中で、ちょっと場違い感を感じ、出すことはありませんでした。今回の写真と比較するなら、去年撮影したこのときの写真が良いかなと思います。














α7II FE 85mm F1.4 GM 1/100 f/1.4 ISO320



FE 85mm F1.4 GMも使用してみました。このレンズが発表されたときは、ポートレートもEマウントで本格的に撮れるようになったなと思ったものです。














α7II FE 70-200mm F2.8 GM OSS 164mm 1/200 f/2.8 ISO1000














α7II FE 70-200mm F2.8 GM OSS 164mm 1/200 f/2.8 ISO800



FE 70-200mm F2.8 GMで撮った写真も良いですね。他のレンズに較べたら大きくて重いのでしょうが、それほどでかさを感じることもありませんでした。私はやはり135mmメインとなる筈なので、購入することはないだろうと思いますが、このレンズをメインでポートレートを撮る方がいてもおかしくないと思います。














α7II FE 100mm F2.8 STF GM OSS 1/60 T5.6 ISO1600














α7II FE 100mm F2.8 STF GM OSS 1/80 T5.6 ISO1600














α7II FE 100mm F2.8 STF GM OSS 1/100 T5.6 ISO1600



さて、FE 100mm F2.8 STF GM OSSです。かつて行われたおぎさくのセミナーで馬場先生が超オススメしていたレンズでした。そのときは、説明だけで実物に触れる機会はありませんでしたが、今回は使用することができました。もちろん今回も馬場先生イチオシでした。

実際に撮ってみた写真を見ると、手前にあるLEDが丸くキレイに写っています。独特の色のグラデーションをどう感じるかでこのレンズの評価が分かれそうですね。




GMレンズはEマウントのカメラに装着するには大きくて重いだろうという印象がありましたが、今回、実際に使ってみて、特にそんなことはありませんでした。それでも、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAを使えるAマウントの新しいカメラに期待したいところですが、今後発売されるかもしれないAマウントのカメラとEマウントのカメラとの価格が大きく開いたときにどうするか、ということはあると思います。将来的には、AマウントのレンズでAFが使えるEマウント用アダプターの性能向上を期待する方が現実的なのかもしれません。


以上となります。








ラベル:SONY
posted by にしにゃー at 23:20| Comment(4) | Portrait | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

Windows Machine


今回は、昨年末に発注し、今年初めから使用しているDELL XPS 15のことを書きたいと思います。

MacBook Blackに始まり、13inch MacBook Air、15inch MacBook Pro、並行して、11inch MacBook Airと使用してきて、もう、メインの機種をWindows機にすることはないだろうと思っていました。しかし、MagSafeや各種端子等の廃止、タッチバーの導入、そして、コストパフォーマンスのことなども考えると、どうにもMacには手を出しづらくなってきていました。

XPS 13を借りたを以前書いたことがありますが、XPS 15を購入するのも良いかなと思っていました。15inch MacBook Pro (Retina, Mid 2012) 2.6GHz Quad Core Intel Core i7 8GB 1600MHz DDR3 Intel HD Graphics 3000 1536MBはまだ使えてはいたけれども、2013年3月頃に購入したものであり、5年は使用していましたし。

パソコンの用途としては、やはり、写真の現像。具体的に言えば、Lightroomの使用です。私が使っていたMacBook Proだと画像を拡大するときに、気持ち少し待たされる。扱う写真の枚数が多くなると画像拡大して見ながらセレクトすると、それだけでもそれなりに時間がかかる。また、これから更に高画素化していくであろう写真に対して十分なスペックを持ったパソコンが欲しくなった。もっとも、今持っている一番新しく買ったX-T20でさえ、画素数的には、だいぶ前から使用しているα99と同程度なのだけれど。

とにかく、Lightroomを扱うのに爆速なスペックが欲しかった。そのため、メモリは私の使っていたMacBook Proの4倍の32GB (DDR4-2666MHz)としたし、写真を頻繁に外付けHDDに移さなくても良いように、倍の1TBのSSD M.2 PCIe SSDにした。CPUは第8世代Core i7-8750Hにした。なお、GPUはNVIDIAR GeForceR GTX 1050Ti 4GB GDDR5。ディスプレイは、Retinaディスプレイを使っていたので、4Kにした。ただ、4Kにすると、タッチスクリーンも標準装備となってしまうのですが、タッチスクリーンの機能はいらなかった。ちなみに、ディスプレイは15.6inch。SDカードスロットもありますし、HDMI端子もあります。デザインもわるくない。

実際に使用してみると、(。-`ω´-)ンー、まず、Lightroomに関しては、画像を大きくするときに待たないということはなかった。MacBook Proと比較すれば速いだろうとは思うけど。また、意外にもMacBook Proの方が良かった点があって、それは、カーソルキーで写真を次々とブラウズするとき。XPS 15だと手を離してもしばらくの間は止まらず、次々と写真が変わっていきます。ある程度までいくと止まります。Macではそんなことはなく、手を離した瞬間写真は止まります。なんだろうねえ、どこのFM-7ですかって感じ。まあ、それくらいなのだけれど。それと、Macでは、Lightroomのスライドショーの機能が時間がかかりすぎて実用に耐えなかったのだけれど、XPS 15ではサクサク動く。この点はいいねと思ったけれど、実は、XPS 15でスライドショーをするときに余計な効果を外していたからで、MacBook Proでも、MacBook Airでも、余計な効果を入れなければサクサク動いたようだ。

まあ、そんなこんなで、ある意味、Lightroom専用マシーンであるXPS 15であるけれど、初めっから(最初の電源投入時から起動しないど)サポートにはいろいろとお世話になりました。というか、世話にならざるを得なかった。お世話になるサポートがあるだけ良いとも言えるのかもしれないけれど。このときは、パソコンを購入するなら、この機種で良かったろうと思いますが、次回、改めて購入することがあれば、やっぱり、MacBook Proにするかもしれません。そういえば、最近、16inchのMacBook Proが出ましたね。

タッチスクリーンについては、無効化した方が良いんだろうなと思いつつもそのままとしています。画面の縁の部分が狭いので、端の方をつまもうとすると、ディスプレイに触れてしまい思わぬ動作となることもありました。また、写真現像中にディスプレイに付いたゴミをとろうとすると、またそれにも反応してしまい・・・。

ああ、それと、MacBook Proで使用していたLightroomのカタログファイルですが、これは割と簡単に移行できました。しかも、外付HDDに保存されている写真も、Paragon HFS+を導入することにより、再フォーマットなどせずにLightroomで使用できています。このソフトは・∀・)イイネ!!

後は、Mid 2012よりもバッテリー駆動時間が長く、また軽くなっていること。撮影のときには、11inch MacBook Airを持っていくことが多いσ(o・ω・o)オイラではありますが、XPS 15を購入してからは、こちらを持っていくこともありました。やはり、画面も美しいですからね。

XPS 15では、OSを作っている会社と機械を作っている会社が別ということに起因する問題があるように思われ、それは、Windowsを使う場合は仕方ないことであろうと思います。その意味では、Microsoftが作っているSurfaceはもしかたら良いのだろうかという気もしますが、どうなんでしょうね。

操作を私が使用していたMacライクにするために、シングルクリックにしているせいなのか、ネットをブラウズしているときに、意図しないクリックをしたことになったりして困惑する。特に、Firefoxを使用していると、タブだったものが、勝手に別ウィンドウとして独立してしまったり、また、タッチパッドでクリックするときに、右上の方でクリックすると反応しなかったり。ああそういえば、スペースの両隣にある「無変換」と「変換」キーはMacと同様の操作ができるように、「英数」と「かな」に割り当てた。このキー配列は結構いい感じだと思う。

そういえば、XPSに興味を持ったのは、光の魔術師の人がMacではなく、XPSを使用しているという動画を見たからであった。そうしたら、Macに変えたよーという動画がその後出てきた。まあいいんだけど、ただ、光の魔術師の人が話しているMacにして良かったという点は( ̄_J ̄)ん? というものもあり、例えば、バッテリーが保つとかいうのがあったけど、いや、最初はバッテリーは保つよ、XPS 15も随分保つよ、というのや、ウイルスの心配がないとか、いや、昔はともかく最近はそんなことない筈だからウイルス対策ソフト入れた方がいいよ、とか、そんなところ。

ところで、数か月前から、15inch MacBook Pro (Retina, Mid 2012)の挙動がおかしくなり、QWERTYUIOP以上のキーが反応しなくなった。たまに、反応することもあり、パスワードも入力できるようになったりしたけれど、それもやがて・・・。そして、外付キーボードを購入したのだけれど、今度は、カーソルキーがずっと押したままであるかのような状況が起こりがちに。マウスを付けると大丈夫という記事も読んだけれど、そんなこともなく。カタリナにすれば直るかもと思ってアップデートするも変わらず。OSのクリーンインストールしようと思っても、外付けキーボードでは、OS再インストール画面にもできず。新しいパソコンを買うと、今まで使っていたパソコンがへそを曲げるということは今までもあったけど、そんな感じです。まだまだ性能的には使えるMacではある筈なのだけれど。(*・з・*)ムー

そして、このXPS 15ですが、充電ができなくなったため、先日まで修理に出していました。戻ってきたら割と快適です。当初、ACアダプタを付けた状態だとノイズがパソコン本体の電源接続部のあたりから聞こえてきていて、やや気になっていたのも改善したし、いつの間にか、ACアダプタの接続部分がひっかからなくなり、スルスルと差し入れできてしまう点も改善されてきました。なお、出張修理ということもしてもらえたのですが、よくよく聞くと、まず修理部品が送られる。修理の人が来る。修理で使用した部品を返却する。この3つについて、別々に行われるため、その全てに日程調整が必要であることが分かったので、郵送修理にしました。これだと、荷物を出すときと受け取るときの二回ですみますからね。修理自体は配送期間を入れても一週間かからなかったと思います。



ラベル:DELL
posted by にしにゃー at 00:17| Comment(2) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

iPhoneの白いイヤホン(ワイヤード)


iPhone 7を使いだしてから一年半くらい経った頃でしょうか、付属していたイヤホンの片方から音がでなくなり、ポイントが残っていたビックカメラ.comで新たに購入して使っていました。iPhone XRになっても、まだ使えるからと同じイヤホンを使っていたのですが、そのうち、XR付属のイヤホンも使いだし、特に区別せずに使っていました。

しかし、iPhone XRでPodcastを聴いていると突然止まったり、次の回に飛んだり、siriが勝手に起動したり・・・。どうやら、iPhone 7で使用してたイヤホンでその現象は起こっているようであり、XR付属のイヤホンを使うようにしました(なんとなく手触りで新しいのは分かる。)。

先日、某ビルディングからエレベーターで一階に降りてゲートに向かう途中で、そのイヤホンを付けたのですが、首にかけているものを外さなくてはならないことに気付き、イヤホンをいったん外したりしました。ビルから出て、イヤホンを付けようと思ったら、イヤホンがない。引き返すも、どこにも落ちていない。ぇ━(*´・д・)━?

ちなみに、その日、家に帰ったら洗濯機が故障していたのでした・・・。Σ(´Д`lll)

仕方ないので、また新しく買うことにしました。iPhoneにイヤホンジャックがあった頃は、いろいろなイヤホンを選ぶ選択肢があったのですけどね。それと、iPhoneの純正イヤホンてAmazonとかだとなかなか買えませんね。今度ははAppleのオンラインストアで購入しました。

そして、たまたま、仕事の都合でいつもより早い電車に乗りました。とても満員です。駅で人が降りるときに、イヤホンがひっかかって、ひっぱられていきました。イヤホンを追いかけようとするも、一緒にひっぱられたiPhoneが落下。iPhoneを拾っている間に、扉はプシュー。(;´Д`)ノえーっ

まだ数回しか使用していないのに・・・。どういうことなの!?

昼休みと夜に、駅に電話してみましたが、白いイヤホンは届けられていないとのこと。(丶´_ゝ`)フゥ・・・


ちょっと、白つながりの話

今、使用しているワイシャツは、楽天で買った形態安定ではない長袖のワイシャツ。最初は、なんかテラテラしてる印象もあったのですが、使い込んでいくとわりといい肌合いになってきて、アイロンをかけて使用していたのですが、そろそろ、新しく買っても良い時期であり、毎回アイロンをかけるのもな、ということで、形態安定で5着セットを楽天スーパーセールで購入することにしました。ただ、ワイシャツを買うに当たっては、ボタンダウンは避けたい。調べると、ボタンダウンはカジュアル向けであり、ネクタイをするような着方には原則使用しないと出てきます。それなのに、ワイシャツを購入しようとすると、必ずと言っていいほど、ボタンダウンのワイシャツが先に出てきます。そんなわけで、事前に、5着のセット売りで、自分が良いと思うような組み合わせのワイシャツセットを選んでおいたのですが、実際に購入しようとしたには、そのセットはもうありませんとのメッセージが出てきました。他の組み合わせだと、必ずボタンダウンが含まれ、また、色付きだったり、柄がついていたり、ボタンの色が特殊だったり・・・。そこで、シンプルなワイシャツを5着自分で選ぶと安くなるというお店を見つけて買おうとしたら、選んだワイシャツが5着も在庫がないということでした。そして、それより少し高くなるけれど、シンプルな5着のワイシャツのセットを売ってるお店を見つけたので注文したのでした。

ワイシャツが届くと、私は目を疑いました。ボタンダウンだったのです。(;´Д`)ノえーっ すぐに注文履歴を確認すると、たしかにボタンダウンのワイシャツを注文していました。どういうことなの!? 返品するにも送料がかかるし、割りに合わない気がして、返品はしてませんが、しかし、着る機会ってあるんだろうか。そして、そんな状況で新たにワイシャツを買う気にもならず、今まで使用していたワイシャツを引き続きアイロンかけながら使うことにしようと思います。(丶´_ゝ`)フゥ・・・


そんなわけでしたが、実は、わりと最近購入していたブルートゥースイヤホンを持っています。健康のため音楽を聴きながらジョギングでもしようと思って買ったものです。いろいろと探してみて、これなら良いだろうと思って買ったのが、Anker SoundBuds Slimでした。ただ、買ったは良いものの、充電だけしてそのままにしていました。もうこれを使うしかない。実際に使ってみると、ケーブルはすっきりしていて良いですね。絡まることもない。結構耳の穴を塞ぐ形になるので、外の音は聞こえづらくなります。また、歩くと振動が耳に伝わり、気になるときには気になりますね。走ったりしたらどうなるのだろう。でも、わりと良い感じではあります。

そうなのだけど、実は先程、ちゃんと使えるiPhoneの白いイヤホン(ワイヤード)が届きました。もちろん、Lightning Connectorのやつです。冒頭に書いた最初に買ったイヤホン、そういえば、いつ買ったんだっけ・・・と調べたら、今年の1月3日でした。( ̄_J ̄)ん? もしかしてと思って、Appleに電話したら交換してくれるとのこと。あのままだったら、多分、保証期間内ということに気が付かなかった可能性が高い。結果として、使えるイヤホンが残ったので、良かったんだけど、なんだか微妙な気持ち。(・ᴥ・)

ブルートゥースのイヤホンも良いけれど、やはり歩くときは、こっちの方が良いかなと思っています。

なお、Appleのサポートに電話したとき、最後になんでも良いからAppleへの意見があったら教えてと言われたので、MacのMagSafe復活して欲しいとか、iPhoneはせめて7か8くらいの大きさにして欲しいといったことを話したのですが、その後に、ああ、あれを言えば良かったということに気が付きました。それは、iPhoneのアプリのミュージックです。ずいぶん前からレートが付けられなくなっています。膨大な曲を対象とするのに、ハートマークを付ける付けないだけでは十分ではないということです。その後、Appleからサポートのアンケートが届いたのでそこに書いておきました。





posted by にしにゃー at 11:17| Comment(2) | ヘッドホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする